きれいのタマゴ ホーム > エステ > エステティシャンのお仕事とは?

エステティシャンのイラスト
Work Guide
エステティシャンのお仕事とは?

顔から足の先までの美容に関わるのがエステティシャンの仕事。手や指を使ったマッサージや、美容機器などを使用する美容法などで、痩身、美肌、脱毛、アンチエイジングなどを施していきます。
最近では、アロマなどの癒し系スキルやネイルアートなどもあわせて修得し、全身のトータルビューティを行うエステティシャンも目立っています。

エステティシャンのイラスト
仕事内容1:接客・カウンセリング

エステに通うお客様の目的は美容ですが、癒し効果も期待している人も多く、落ち着いた雰囲気と誠実な対応が求められています。
また、痩身、美肌など目的により用いる美容法は異なります。お客様の希望をよく確認し、施術法、その効果などをしっかりと説明することも信頼と安心を得るためには重要です。説明や施術を行うためには、エステティシャンも、美容に関するさまざまな知識を深めておく必要があります。


仕事内容2:施術

・フェイシャル
顔に関する美容は、大きく2つに分けるれます。ひとつは小顔を目指す痩身美容。もうひとつは、肌トラブルを解決するスキンケアです。痩身系の施術でも、お客様の肌が敏感肌である場合、思わぬトラブルが発生することもあるので、お肌の状態や体質などを確認します。良いコミュニケーションをとり、これまでの肌トラブルなど経験も確認しておく必要があります。

・ボディケア
ボディケアの主な目的は痩身。マッサージや温浴療法などで血行を良くして発汗作用を高め、身体の老廃物を出していきます。最近は老廃物を出すということに主眼をおいたデトックスなども人気が高く、取り入れているサロンも増えています。
また、マッサージ効果により身体全体をリラックスさせ、凝りをほぐすという効果もあります。そのため、身体全体の構造、筋肉の付き方、循環器系、リンパ系の知識なども持っていると、より効果的に施術することができます。

・脱毛
脱毛もエステに通う目的のひとつ。主な方法としては美容電気脱毛と美容レーザー脱毛の2つに分かれます。どちらも医療用の機器と違い使用するのに免許は必要ありませんが、お肌に直接使用する機器なので、お客様に安心していただくためにも、その使用方法や効果、影響に関しては、しっかりと知識を持っている必要があります。

エステティシャンになるには?求められる能力は?

結婚式写真エステティシャンには国家資格などは特に必要ありませんが、エステ業界への就職には、日本エステティック協会が認定している資格などを取得しておくと、知識の証明になり有利です。認定校での受講であれば選択コースによっては資格試験免除など優遇をされることも。
実際の施術において、人体や肌、化粧品、美容機器に関する知識と技術、そして接客術が必要となるので、エステに関する勉強を十分にしておく必要があります。

エステティシャンになりたいと思ったら
講座を検索  
エステの通学講座を探す エステの通信講座を探す